Ferrari Dino ボディラインについて

JUGEMテーマ:Ferrari

 

次にDinoのボディラインについて

興味深いことを教えましょう。

 

最近の車は大体、前から見ても後ろから見ても

左右均等に作られていますよね?これが当たり前。

もし、あなたが買った車が正面から見て、

右側と左側のフェンダーラインが違っていたとしたら

販売店に「これは事故車じゃないの?」

と言いますよね。

 

                                      (Dino246GT)

 

                                         (Dino206GT)

 

ところが、このDinoの場合、

これがオリジナルの作り方。

正面から見て、左側のフロントフェンダーが、

なだらかな丸みを帯び、

右側のフェンダーは比べると尖って見える。

何故こんなあり得ないことが起こったのか?

 

それは1970年当時は、ボディの型板を作る際、

職人が手作業で叩いていたから。

何かの拍子で、

右側と左側を作る職人が喧嘩でもして

俺の方が正しいと突っ張ったのでしょう。

それをそのまま許してしまうのも

イタリア人らしいと言えばそれまで。

 

今度、Dinoを見る機会があったら、

是非、正面から見比べてみて下さい。

なるほどと、その違いが分かります。

 

ちなみに、

70年代のその他のフェラーリに、

そのような事は有りません。

何故Dinoだけが、

そのまま3000台以上も作り続けられたのか

今となっては「謎」です。

 

 

ボディラインについて、もう少しお話すると、

サイドから見て大きく

フロントフェンダー、ドアー、

リヤーパネル、リヤーフェンダーに分かれます。

それぞれに隙間、チリとも言いますが、

大体、2ミリくらいのラインが見えます。

 

これがそうでなく、3ミリ以上、

時には5ミリも開いているのが結構多い。

理由は、何らかの事故で板金を行った際に

手抜きをして、そのまま組み立てたから。

 

これでは

せっかくのDinoのラインが綺麗に見えません。

要注意です。

 

 

 

 

 

コメント